排便がないことで起こるつらい症状 | 楽して毎日スッキリ!ぽっこり腹子の便秘解消法!



楽して毎日スッキリ!ぽっこり腹子の便秘解消法!



排便がないことで起こるつらい症状

便秘になると憂鬱な思いにさらされるつらい症状が次々に起こります。そのまま放っておくと深刻なトラブルにつながることも!手遅れになる前に積極的に改善していきましょう。

よくある症状

排便がないと、カラダにつらい様々な症状が起こります。

よくあるのが、

  • ガスがとても臭くなる。
  • 便がかたくなり、コロコロしている。
  • 排便に時間がかかって、出すときに痛みや不快感をともなう。
といったこと。

そして、いつの間にかおなかがぽっこりと出てきて、便秘がひどくなるとスカートやパンツのサイズが合わなくなることもあります。便秘のせいで、自分が着たい服が着れないって、すごくガッカリですよね。ぽっこり腹子も、妊婦か!?ってくらい、おなかが出ているときがありました。。(汗)

これらは便が腸内に長くとどまったためにみられる症状です。放っておくとますます状態が悪化し、消化器系のトラブルにもつながってしまいます。食欲がなくなったり、おなかが張って苦しくなったり、気持ちが悪くなるといった症状が出はじめている場合は黄色信号!深刻な状態になる前に、早めに改善していきましょう。

美容に関する症状

便秘になると、肌荒れ吹き出物肌のくすみといった、美容上の悩みも避けられません。便がいつまでも腸内に残っていると、血液の循環が悪くなり、肌に栄養が十分いきわたらなくなるため、肌の美しさがトーンダウンしてしまうのです。

実際、管理人のぽこっり腹子も便秘が原因で、かなりの肌荒れに悩まされてきました。肌荒れや、吹き出物、くすみなどの肌トラブルをカバーしようとして、ファンデーションとコンシーラーを厚塗りし、肌に負担をかけてしまい、肌トラブルが更に悪化するという負のスパイラルに陥ってました。

※これが実際に肌荒れしていたときのぽっこり腹子の写真です。

ぽっこり腹子の肌荒れ写真(横顔) ぽっこり腹子の肌荒れ写真(顎正面)

ひどいですよね。。
今自分で見ても、びっくりします。

この頃は、肌荒れを隠すために会社でもずっとマスクをしていて、たまにマスクをとると、周りから「(肌荒れてるけど)大丈夫?」と心配されるので、またそれが辛かったです。

女性にとって、肌のコンディションって重要ですよね。肌のコンディションが悪いだけで、気持ちが憂鬱になり、自分に自信が持てなくなります。

ぽっこり腹子の経験上、便秘はカラダに良いことなんて一つもありません。

逆に、腸内環境を整えるだけで、美肌、アンチエイジング、美ボディをはじめとする素晴らしい美容効果が現れ、いいこと尽くめ。腸を磨かない手はありません!

美肌維持のために、毎月高いお金をかけてエステに通い、高級な化粧品を試す…もちろんそれも間違いではありませんが、腸内環境が悪ければ、その効果が半減したり、全く効き目がなかったりすることも。『美腸づくり』は手軽でもっとも身近な美容法です。美肌を手に入れ、毎日を明るい気持ちで過ごすためにも、まずは美腸づくりに励みましょう!

おなかの緩い人は要注意!

おなかをよく下してしまう人は、直腸性便秘の可能性あり。下痢をしやすいタイプだから、便秘の心配はないと思いがちですが、それは大きな間違いです。おなかを下してしまうのも、便秘のひとつのケースと言えるからです。

水状の便が頻繁に出るのは、直腸の部分にかたくなった便が入り込んでいて、かろうじて便汁だけが出ているからです。つまり便そのものは、直腸の中でびくともせず、出てこれなくなっているのです。こうした状態が続くと、便はますますかたくなり、さらに出しにくくなってしまいます。

下痢は直腸性便秘の症状のひとつで、常に残便感があったり、息んでも形のある便が出づらいといった不快感をともないます。さらにはいぼ痔、切れ痔といったお尻のトラブルにもつながる恐れがあります。

とりあえず出ているからと安心せず、きちんと気持ちのいい排便ができるよう、食生活、生活環境を見直して、積極的に腸内環境をととのえていきましょう。

次のページでは実はよく分かっていない便秘の仕組みについて解説します。便秘を引き起こす原因をちゃんと知って、効果的な対処法を実践してください。