妊娠中の便秘対策 | 楽して毎日スッキリ!ぽっこり腹子の便秘解消法!



楽して毎日スッキリ!ぽっこり腹子の便秘解消法!



妊娠中の便秘対策

妊娠中は特に便秘になりやすいときです。原因はホルモンバランスの変化で、腸の動きが鈍くなることと、大きくなった子宮が腸を圧迫すること。この時期に心掛けたい便秘解消法をお伝えします。

妊娠中はたっぷり水分補給を!

トイレの回数や、むくみを気にして水分をとらないのは間違い。カラダの水分が不足すると、便がかたくなって出にくくなってしまうからです。妊娠中はただでさえ便秘になりやすい時期なので、しっかり水分をとることを心がけてください。飲み物や食べやすいスープなどで多めに水分を補給して、便をやわらかく、出しやすくしましょう。

妊娠中は食欲が旺盛になり、つい甘いお菓子などの間食に走りがちですが、これは便秘はもちろん、必要以上の体重増加を招いてしまいます。間食の誘惑にかられたら、まずミネラルウォーターを飲んでください。カラダに水分がいきわたると、それだけで満足感が得られるものです。間食したくなったら、とりあえず水分補給。これを毎日の習慣にしてみてください。お腹の赤ちゃんのためにも、水分不足は大敵と心してくださいね。

安定期を過ぎたら適度な運動を!

運動不足も便秘の大敵です。おなかがぐっとせり出してきて、動くのがおっくうになりがちですが、安定期を過ぎたら、適度にカラダを動かしましょう。血行も良くなり、気分転換にもなりますよ。おすすめなのは次の3つです!

  • ウォーキング
    • ウォーキングは気分転換にもなるのでおすすめです。晴れた日にはペットボトルを片手に、ぜひ!

  • ストレッチ
    • 無理せず、気持ちいいと思える程度のストレッチもいいですよ。腰痛防止にもなります!

  • スイミング・ヨガ
    • マタニティスイミングやヨガにトライするのもいいと思います。ストレス解消にも最適!

出産後もしっかり水分補給すること!

授乳中も便が出にくい時期です。おっぱいをあげることでカラダから水分がどんどんなくなってしまうため、便がカチカチになりやすいからです。授乳がはじまったら、いつもペットボトルや水筒を携帯し、こまめに水分補給をしましょう。

次のページでは便秘がカラダにおよぼす影響について解説します。便秘が病気につながる理由や、体臭・口臭との関係など、便秘の人にとって気になる情報をピックアップしました。